歯医者の「歯科」と「口腔外科」の違いって何?

スポンサーリンク

 

歯が最近痛くなり、歯医者に行こうと近所の歯医者を調べてみると

「歯科」「口腔外科」なる種類?がある事を発見。

この違いは何なのか?

この記事では、「歯科」「口腔外科」の違いを3分で解決まとめた記事です。

  • どの歯医者に行こうか迷っている方
  • 通院中だがこのままで良いのか不安な方

の助けになればと思います。

歯科とは?

主に虫歯や歯周病など歯の治療を行う事となっています。

口腔外科とは?

虫歯・歯周病の治療は勿論。お口周りの疾患の治療など経験や知識が豊富な歯科医師が駐在している目安。

『口腔外科』では、歯だけでなくなくお口周辺、顎や唇などにも対応しているようです。

 

自分が住んでいる地域の歯医者の口コミ・レビューが無料で見れる。
ネットで予約もできて便利(ネット予約が可能な歯医者のみ)
歯科専門ポータルサイトで歯科医院を検索!
⇒⇒【口コミ歯科・歯医者】

大学病院の「口腔外科」と町にある「口腔外科」の違い

大学病院と町の「口腔外科」の違いは、簡単に言うと規模の大きさの違いです。

大学病院の「口腔外科」では口腔がんなど大きい手術が必要な設備が整っています。口腔がんなど手術が必要な場合は大学病院の「口腔外科」が適しています。

一般の「口腔外科」では大きい設備を整えるのは難しい為、行える処置は限定されます。

 

 

「歯科」と「口腔外科」の違いは分かったけど、歯科医師免許も違うの?

「歯科」と「口腔外科」と掲げる看板は違うけど歯科医師免許はほぼ同じです。

ほぼ同じ歯科医師免許を取得していますが、取得後の経緯に少し違いがあります。

「歯科」の場合、歯科医院に勤務し一般の歯科治療や技術を身に付けます。

「口腔外科」の場合、大学病院の口腔外科や総合病院の口腔外科に勤務し、より高度な歯科技術や知識を身に付けます。

 

親知らずの抜歯は「口腔外科」を掲げている歯医者が安心のワケ

ずばり、経験値の違いが挙げられます。
免許取得後の経緯の違いからも分かるように、「口腔外科」は大学病院で多くの疾患の患者を治療し経験と知識を蓄えているので経験豊富です。

臨機応変に対応できるので安心です。

もちろん「歯科」でも親知らずの抜歯に対応している医院もあります。

親知らずは必ず『口腔外科』ではいけない。などの法律やルールはありません。

最終手段は患者さん あなた次第です。

『口腔外科』以外でも経験豊富な歯科医もあります。

 

まずは、かかりつけの歯科医がいる場合は相談する事が大事です。

そして何よりあなたが安心して任せられる歯科医を見つける事!

 

斜め親知らずや少し埋まっている親知らずは「口腔外科」へ

まっずぐで比較的処置が簡単な部類の親知らずは「歯科」でも対応をしてくれますが、斜めに生えている親知らずや少し歯茎の中に埋まっている親知らずの場合、歯茎の切開など外科的処置の可能な「口腔外科」での処置が安心です。(※ただしかかりつけの歯科医と相談する事)

 

 

まとめ

 

歯医者に初めて通う方は、通院のしやすさはもちろん、自分が治療したい歯の状態で「歯科」「口腔外科」の違いを参考に決めて頂くことをおススメします。

すでに歯医者に通院していて、ちょっと他の歯医者を考えている方は現在の歯医者さんと他の歯医者の違いを検討すると安心です。
実際、酷い対応の歯医者さんも無い事も無いので「不安」な場合は徹底的に調べた方が良いです。歯医者によって、歯に対しての方針の違いなどもあります。一番は自分に合う歯医者で歯の治療をお願いする事です。

 

自分が住んでいる地域の歯医者の口コミ・レビューが無料で見れる。
ネットで予約もできて便利(ネット予約が可能な歯医者のみ)
歯科専門ポータルサイトで歯科医院を検索!
⇒⇒【口コミ歯科・歯医者】
https://turedurenihitatte.xyz/2018/05/21/post-1265/
タイトルとURLをコピーしました