防犯対策

スポンサーリンク

少しの油断で狙われる

最近だけのお話では無いですが、ここ最近物騒なニュースが多いように感じています。
振り込め詐欺などは、年々手口が巧妙化してきており、対応するのにも一苦労です。ですが、空き巣被害では、時代が変わっても手口はそんなには変わっていないと思います。侵入する際の道具は進化しているかもしれませんが、基本的な対策をするだけで防げるのも空き巣だと思います。「まさか、私が」とならないように空き巣防犯の基本から最新の防犯対策をまとめました。

空き巣に狙われやすいのは?

一番多く狙われているのは「一戸建て住宅」が多いようです。窓の数も多く侵入経路が沢山あるので狙われやすいのです。ですが一戸建住宅では防犯意識が年々高まっておりまた住宅建築の会社でも防犯を意識した作りをしているので昔ほど空き巣被害は少なくなっている傾向だそうです。

最近空き巣被害が多くなっているのは「マンション・アパート」のようです。
オートロック機能付きのマンションなどでは、オートロック付きに安心してしまい油断ができやすい事と一戸建住宅と違い簡単に防犯対策を施す事が難しい事も挙げられます。公共の場所に設置したくても管理会社に問い合わせなければいけなかったりと手間があるので十分な対策ができないのです。

空き巣の手口とは

空き巣をする人はかなり下調べをして完全にいない時を狙って侵入をしています。
基本は部屋の電気の確認や水道のメーター確認、または電話をかけて留守の時間を確認していますが、最近では「SNS」を利用したりするようです。
「SNS」の手口ではまずブログなどから個人情報を取得、名前や投稿されている写真などからGPS機能を使って居場所や行動範囲を確認。自宅の写真が投稿されていれば一発で自宅を特定。行動範囲から自宅に居ない時間帯を狙うのが普通になってきているのだそうです。また「SNS」では旅行の事も投稿する傾向が多いので留守である事が空き巣犯に筒抜けなのです。

簡単な空き巣対策

空き巣犯に留守である事を悟られないことが一番の防犯です。「SNS」など個人情報を載せていないか、投稿した写真にGPSも一緒に投稿していないかの確認。あとは、投稿する相手を限定的にするなど対策が必要です。

また、空き巣犯は時間を掛けたがらない傾向にあります。早くて基本、侵入から完了まで20分で終わらせるようです。特にマンションなどでは多くの部屋を狙いたいので時間を掛けたがりません。
その為、一個でも多い鍵を仕掛ける事は時間を与える事ができるので有効です。今では100円などで購入可能な簡単な窓用の鍵もあります。この100円で買える窓対策の鍵は簡単に装着できますが装着場所を窓の下側にしなようにしてください。上側につけるのがポイントです。(場所によっては下側が有効の場合があるので確認してください)
なぜ、上に付けるかというと、仮に窓の下側に装着した場合、空き巣犯は、しゃがんでなど隠れやすい状態で取り外す事が出来てしまいます。その為、上に装着する事で隠れられずに外さなくてはいけないので空き巣犯は嫌がります。

最後はやはり声掛けが一番簡単で有効な防犯になります。下見に訪れた時や空き巣実行する時に、近隣の住民から挨拶をする事で見られている意識が高まり周辺での空き巣は避けるようになります。最近の世の中では隣の住人さえ何をしている人か解らない事が多いですが、できるだけ顔見知りの方を増やし、挨拶をするように心がける事で防犯対策になります。

ちょっとした油断で空き巣被害や色んな被害にあう事が多いので何事も油断を作らず自分の身は自分で守るようにしておきましょう。対策をしなかった後悔をしないように。

 

タイトルとURLをコピーしました