耳かきの恐怖

スポンサーリンク

止められない耳かき

耳かきってなんであんなに気持ち良いのですかね?
リラックスというかなんか癒しですね。
掃除はもちろんだけど、主に癒しのためについつい耳かきをしてしまいます。

なぜ耳かきが気持ちいいのか

耳の穴(外耳道)には耳垢腺という名前のアポクリン線があります。
このアポクリン線は、線細胞が分泌物を生成し、線細胞内に蓄えられた分泌物を線細胞の一部と共に排出され、細胞本体は破壊せず繰り返し分泌物を作り出す線細胞を言います。
さらに、迷走神経が耳かきにより刺激され気持ちよくなるのだとか。

迷走神経とは

脳から出ている10番目の神経で、迷走神経の主な働きは、飲み込んだ飲食物が気管に入らないように下咽頭(かいんとう)や喉頭(こうとう)の部分で調節したり、異物が気管に入らないようにする為にする咳を促すための神経だそうです。
咳は普通気道からの刺激が迷走神経を介して咳中枢に伝えられて、そこから反射的に喉頭(こうとう)や胸郭(きょうかく)の呼吸筋肉に信号が送られてきて咳が誘発されます。
脳で解析されることなく筋肉などに送られる信号の減少を反射といいます。
耳掃除の時に咳がでるのは、この迷走神経が反射現象を起こすからなのです。
ちなみにこの迷走神経の反射で咳が出る人は約2割の人といわれています。(確信ものではありません。)

 

耳かきの恐怖

ついつい耳掃除以外でも気持ちいものだから耳をいじりたくなってしまいますが、耳にとっては大変なんです。
そもそも耳の穴ってとても繊細で少しの力でも傷がついてしまいます。しかも小さい穴で湿りやすく、傷が治りにくい場所でもあるのです。

気持ちいいいからと言っていじりすぎると「外耳道真菌症」になってしまう事も!

「外耳道真菌症」とは簡単に耳の中にカビが生える事です。
主な原因はずばり触りすぎ!触りすぎにより耳の中が傷つきそこから炎症になるのです。
この「外耳道真菌症」になると、炎症により、さらに耳の中がかゆくなるという悪循環に陥ってしまいます。
ひどくなると、耳汁がでたり聞こえにくくなったりもします。

カビが生えてしまったら、取り除くには慎重に行わなければいけなく長くお付き合いをしなければいけなせん。なんせカビも生きているので、一気にとったと思っても一つでも残っていれば、そこから一気に復活することも考えられるからです。
と怖く書きましたが、
耳のかゆみがとれない、とか異変を感じた時はやはり専門家の耳鼻科で見てもらうのが一番です。
耳はとても繊細な所なので自分で治す事はまず無理です。
自分でクリームをつけたりすると逆に悪化することも考えられます。必ず専門家に見てもらうようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました