汗の季節

スポンサーリンク

汗の仕組み

汗は皮膚にあるエクリン線という汗腺で作られる水分の事です。
体温が上昇すると脳から汗腺に汗をださす命令をします。そして、命令を受けた汗腺は汗を出します。この時の汗というのは99%は水分で、残りは塩分・乳酸・タンパク質成分です。この汗が汗腺から出て、腕などで液体になります。そしてこの液体が気体になる時に周囲の熱を吸収します。これにより体温の上昇を抑えさせるのです。

汗の種類とそれぞれの役割は

・温熱性発汗
暑い環境でいたり、気温が上昇した時、運動した時に生理現象で顔や首、胴体など全身に出る汗です。体内の温度が上がり過ぎないように汗をかいて体温を調節する役割があります。

・精神的発汗
いわゆる「冷や汗」と言われているものです。プレゼンテーションや発表会など緊張のあまり分泌される汗です。主に顔や手のひら、脇の下や足の裏など一定の部位に書く汗で「あぶら汗」ともいわれています。交感神経から命令を受けて汗を出している汗腺なので緊張などによって交感神経が刺激される事で汗が出るのです。

・未覚性発汗
辛い物など刺激がつよい物を食べたときに顔などに一気に吹き出る汗の事を「未覚性発汗」といいます。辛さなどの刺激により発汗神経が刺激され、汗が分泌されます。この「未覚性発汗」も鼻の頭や額など一定の部位にかく汗です。肝臓の機能を助ける役割があります。

なぜ臭う汗

汗が色々と役割がある事は解りましたが、汗は臭いと思うのが大半です。ではなぜ汗が臭うのか。

汗はエクリン汗腺から出ていると説明しましたが、脇の下や耳の後ろなど一部に分布する「アポクリン線」からも汗が出ています。この「アポクリン線」から出る汗には、脂肪や尿素、アンモニアなどの成分が含まれています。ですが汗として排出されるだけでは臭いを発する事はないのです。
つまり、人間の「汗」そのものは、無臭なのです。
臭う原因は細菌が関係しています。人間の皮膚の表面には様々な最近が存在しています。この様々な細菌が汗の成分を分解します。この時に発生する「分解臭」が私たちが悩んでいる汗の臭いの正体です。さらに夏は気温・湿度が高く細菌達が活発で繁殖に適したシーズンなのです。その為、夏シーズンの皮膚の細菌が活発な時期に汗をかくと、その汗を分解する細菌が沢山いるので「分解臭」も大量発生して夏は汗がいつもより臭くなるのです。

汗の臭い予防に

とにかく皮膚を清潔に保つ事が重要です。皮膚の細菌が異常に大量発生させないようにする事で汗の臭いを抑えることができます。特に細菌が繁殖しやすい脇の下や足の指の間などは丁寧に洗うようにしましょう。
ただし、洗浄力のつよいボディーソープなどで皮膚の細菌を全部とろうと思ってはいけません。皮膚の細菌(皮膚常在菌)は通常では人間に害を持たしておらず、むしろカビや花粉などの刺激や外部の細菌などの攻撃から皮膚を守ってくれています。皮膚常在菌がいなくなると肌トラブルになりかねます。
なので、繁殖を抑える程度で清潔に保つ事が重要です。

また、普段食べている食事にも気を付ける事です。ニンニクなど香りの強い物やアルコールを大量摂取すると、汗と一緒に臭いの成分も分泌されて嫌な臭いの元になります。
食べないわけにはいけませんが、過剰摂取を控え規則正しい食事を心がけましょう。

汗をかくことも大切

ここまで臭いの元である汗について書くと汗そのものをかかなければ良いのでは?と思うかもしれませんが、汗をかかなければ体温調節などできなくなってしまい体の不調につながります。
汗をかく事は悪い事ではないので、良い汗をかけるように生活習慣を見直し適度な運動など行い汗腺の働きを正常に保ちましょう。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました