足が熱くて眠れない・・・実は「隠れ冷え性」!【まとめ】

スポンサーリンク

睡眠する時、足が熱いワケ

気温がだんだんと高くなってきているこの季節、寝ようと横になっても足が熱くなって眠るに眠れない事ありませんか?
私も眠りたいのに足が熱くて熱くて布団の涼しい場所を探しては向きを代えの繰り返しで眠れないのです。なぜこんなにも足が熱いのか!

この足の熱さ、侮っていてはいけません。もしかしたら重大な病気で、体からのSOS信号かもしれません。

隠れ冷え性

足が熱いのに?と思うかもしれませんが、冷え性には「戻り冷え性」なるものもあります。「隠れ冷え性」ともいいます。

そもそも冷え性とは、簡単にいうと血流が十分に行きわたらずに部位が冷える事です。
※冷え性にも色々と種類がありますが、ここでは割愛します。

そして、この「戻り冷え性」は血液が心臓まで順調に運ばれず一部(足など)に留まります。すると脳が

「やばい、あの部位、血流悪いから、冷えてるんじゃ?温めなきゃ身体が大変な事になるっ!!」

と脳が思い、を上げるよう体に命令をだします。
すると血液が沢山送られ熱くなるのです。また一つの部位(足など)に血流が留まると全身に血液が回らずに熱を放出することができません。通常であれば血液を全身に巡回させる事で冷やしているのです。

冷やすのは悪循環

熱いから冷やすのは、普通の行為ですがこの「戻り冷え性」などによる熱さを冷やすのは、一時的には良いかもしれませんが、さらに悪化させる行為です。
血液の循環が悪くて熱くなっているのに、冷やしてはさらに血液の循環を悪くしているもの。

熱い!けど温めろ!

血液の循環が悪いのはやはり冷えからくるものです。
寝ている時に足などが熱くなったら冷やすのではなく、我慢して温めるようにしましょう。温める事で血流を良くして冷やさせるのです。

また血流をよくするのにマッサージやツボ押しも効果があります。あとは、血流が良くなるように足を少し高くあげて寝るのも良いとおもいます。

温活生活を

暑い時期になってくると、涼しい格好になったり、冷房を効かせたりと何かと体を冷やす行為をしてしまいますが、体にはよくありません。
かと言ってサウナスーツを着ろとはいいません。これでは逆に熱中症になって危険です。
冷やさせ過ぎず、熱さすぎず、に過ごすことが一番です。

露出の多い服装はできるだけ避ける。

何か羽織ったり、露出しなくてもいい、熱くなりにくい素材の服を着る。

冷たい飲み物や食べ物を食べ過ぎない。

 

今のコンビニには、常温の水やお茶もおいてあります。それらを選択するよう心掛ける。

お風呂には20分入るように心がける。余裕がある時はお湯に長く浸かる事をおススメします。約20分間お湯に浸かると丁度お風呂で温められた血液が全身を一周します。内部から体が温まるので血流が良くなります。
ここで注意なのは、熱すぎるお湯はいけません。またぬる過ぎてもいけません。38度~42度ぐらいが適温です。38度~40度ぐらいであれば副交感神経が優位になるのでさらに眠くなりやすくもなります。さらにお風呂は寝る直前じゃなく、2時間前ほどがベストです。また時間は自分の体調を考えながら浸かりましょう。無理に浸かってのぼせてしまっては元もこもありません。

 

 

筋肉をつける

筋肉は血液を運ぶポンプ的な役目もあります。その為筋肉量が多いとポンプも強いので血液が順調に運ばれます。

男性に冷え性の割合が少ないのも筋肉量が関係しています。
ムキムキにならなくても、ある程度の筋肉をつける事で冷え性の改善にもなります。また筋肉があるとちょっとのことで疲れることもなくなり、さらには筋肉がカロリーを消費し太りにくい体質にもしてくれるので、無いよりはあった方が良いです。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました