地方・田舎に住みたいなら自動車が必要なワケ

スポンサーリンク
自動車の画 田舎のリアル

 

地方に住むなら自動車は1人に1台は必要

 

なぜ自動車が必要なのか?

買い物をするのに必要

都市部のように駅前に沢山のお店が並んでいません。

地方・田舎のお店の特徴として、大きな駐車場を真ん中にしてお店が周りを囲む形のお店が多いです。また、1つのお店とお店が離れている場合もあります。

お店とお店が離れている距離が半端なく遠く、目的のお店が近くにないこともあります。

歩いて買い物をしようと思えば1日があっという間に終わります。さらに都会のようなお店が沢山並んでなく、単調な景色ばかりで歩いていても飽きてしまいます。

 

 

会社への通勤に必ず必要

都会のように1つの高層ビルに何社もの会社が入っているビルなんてものはありません。

会社の本社が1軒が普通です。なので会社自体が好き勝手に散らばっているので通勤するには自動車は必要です。駅の近くにある会社なんて滅多になし。

地方・田舎で仕事に就くためには自動車免許と自家用車が必要なのです。

休日の遊びに必要

田舎の遊ぶ所といえば、自然な山、海、川、なんて思っているかもしれませんが、田舎人にすれば滅多に行きません。(たまに釣り人を川とかで見ますが)

釣りや山菜取り、山登りが好きな人は良いかもしれません。ですがそれ以外の人は用事が無ければ行くことはないです。

映画を見たいと思っても町に無いので、遠くの街に行かなければいけません。その為には自動車は絶対必要です。

本屋に行こうにも歩いていける距離では行けないのでやはり自動車が必要になります。

 

家と家が離れてるから必要

家が密集している所もありますが、たまーにすごく町から離れた所に家がポツポツとあるのを見かけます。

このように家が離れている場合は絶対に自動車が必要です。
移動手段がないですから。

 

公共交通機関が発達していないから必要

公共交通機関のバスや電車も1時間に1本でもマシな方で、時間や場所によっては2時間待ちそれ以降の時間も普通です。

そんな時間待ってもいられないので、自動車が必要になってきます。

ただ、これは悪循環で自動車に乗る人が多いので交通機関を利用する人が減り
利便性が無くなっていると感じています。利用者数が少ないと維持費の為に利用料金も高いとも思います。

自動車がある人はいいですが、自動車が無い人は交通機関を利用するしかなく
時間的にも値段的にもどんどん不便になっています。

 

解決策は、自動運転自動車が普及する事以外ないのではないでしょうか。
自動運転技術が早く発展すると地方は住みやすくなるかもしれません。
少なくても、子供や高齢者、運転ができない方にとっては移動が自由になり便利になる事でしょう。

自動車に乗る習慣が抜けない田舎人

上の記事でも述べたように、どこに行くにも自動車は必要なので歩く機会は都会ほど少ないです。歩くとしたらお店の中ぐらい。あと駐車場。

私も自動車に乗るのが普通になり過ぎて、ほんのちょっとの距離でも自動車で行こうとしてしまいます。

たまに都会に行くと駅からお店まで歩く歩く、歩き過ぎて疲れてしまうぐらいです。
また、荷物も普段は自動車に乗せられるので持ち歩くことは滅多に無く、計画無しに買い物をしてしまい、沢山の荷物を持っての移動になりこれがかなりキツイ。

田舎の人でも脚力が強い人はいますが、歩く機会は都会の方が多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました