【備忘録】2017年8月29日に北朝鮮ミサイルが日本上空を追加【感じた事】

スポンサーリンク

この記事は、私の思いを記憶に残しておく記事です。当日に感じた事をそのまま素で書いています。

 

2017年8月29日火曜日。
朝、6時2分頃にスマートフォンの緊急速報で目が覚めた。

緊急速報の音がなって一番最初に思い浮かんだのは「地震」だった。
ただ、大きい地震の場合アラート前に揺れが来るか、アラーム中に揺れるかだ。

今回はアラームがなったが揺れはない。そこから「ミサイルか!」と思った。ニュースで散々北朝鮮の事を煽っていたので直ぐに思い浮かんだ。

アラームが鳴ってすぐに地域の防災放送でJアラートが鳴った。
地震の時とは違う不気味な音だった。ただ、さほど音は大きくなかったように感じた。

すぐにテレビをつけたらどのチャンネルも緊急放送の画面になっていた。
アナウンサーが「北朝鮮がミサイルを発射、頑丈な建物に避難してください」とアナウンス。

 

「とうとう来たか」と思ったのと同時に「頑丈な建物にってどこに逃げればいいんだよ!田舎に地下鉄も頑丈な建物もない!」

逃げるにも学校がいいのか、学校といっても今の時間(朝6時)には開いてないだろうしと、
逃げることもできずに家の中をオロオロするしかなかった。

家の中をオロオロしたり、テレビのチャンネルを変えて何か情報はないのか、情報収集をしている最中

6時12分ごろ、北海道襟裳岬の東約1180キロに3つに分離し太平洋に落下のアナウンス。

「えっもう落ちたの?」

こんなオロオロしている中でミサイルは太平洋に落下してしまった。

そして、地域防災放送では「落下しました、不審な物を発見した場合は決して近寄らず直ちに警察・消防に連絡して下さい」

と放送された。

ミサイル落下の放送が終われば次は官房長官のライブやら専門家やらの分析放送。

相変わらず、政府は遺憾の意を表すだけだった。
正確には、もっとも強い言葉で抗議をする。だが、こんな感じで大丈夫なんだろうか?

アメリカ、トランプ大統領はどのように反応するのか。時代が少し動いた日といってもいいかもしれない。

 

ニュースでミサイルの放送をしている中、安全が分かった次に思い浮かんだのは

「今日は休みか?」

だった。不謹慎なのは分かっている。でも頭をよぎった。会社や学校は休みになるのだろうか?

だが、思い浮かんだのは私だけではなかった。ツイッターのトップトレンドには「学校休み」が浮上していた。

平和ボケといわれても仕方ない。無事が確認されたら今度は「休み」を確認してしまう日本人。休みと言われなかったら休めない日本人。

 

2017年8月29日のミサイル日本上空追加で感じたこと

ミサイルの発射から落下までの体感時間はあっという間だった。
逃げるにしても、どこの方向が安全なのか?が全く分からなかった。

政府の通知でさえ「丈夫な建物・地下へ。」としかない事。確かにミサイルなんて方向は関係ないのだろうが、場所は指定しといた方が良いという事が今回改め感じた。指定されている所が安全なのかは不安だが、それでも指定されている場所はあったほうが気持ちは違うし、いざ避難する時の目安の場所になる。

今回、逃げる人が少なかったのは指定場所がなかったのも大きいと感じた。

津波の避難場所が各地で検討されているが、これからの時代はミサイルの避難場所も表示する事も大事だろうと強く思った。

避難場所が指定されているか、指定がないのでは安心感が違う。情報収集をしている間にミサイルは落下してしまったのだから。

 

今回の北朝鮮から日本上空追加してのミサイル落下では、日頃の避難訓練が大事だってことを痛感した。

平和ボケをしている場合ではない。日本は紛争に巻き込まれることやテロも無い?事で世界の情報を他人事でみていたが、世界では戦争をしている事を認識して準備をしなければいけない時代になった。

 

ただ、今日、明日は避難についたりミサイルについて敏感だが、またいつもの日常に戻るだろうなという思いもある。

現に今、ミサイルが落下して無事を確認したら出勤、登校の準備に取り掛かっている。いつものように。何事もなかったように。いつもと違うのはいつものくだらない話題からミサイルの話題になるだろうなってことだけ。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました