工場の仕事とは?きつい?楽?元工場員の生の声。

スポンサーリンク
ライフブック

どもど~も田舎っぺ軍曹です。

私の中途半端な田舎で工場勤務していた時に感じた工場勤務のいい所と悪い所を紹介したいと思います。

その前に、工場のスペックを紹介します。工場と一言で言っても、種類は沢山あり、食品系なのか工業系なのか。大手企業の工場か地元の工場なのか。それでも話が変わってくるからです。

ざっくりと工場スペックを言うと

地元企業の工場
食品工場

工場は意外と人間関係が深い

「人付き合いが苦手だから工場系が向いてるかも。」と思っている方は注意が必要です。

私自身も人付き合いが苦手なタイプです。あまりおしゃべりが好きではないです。
工場なら喋らなくても良いかな、人付き合いも少なそう。と思いますよね?

しかし、工場は範囲が狭いぶん、人間関係が深くなります。

学校生活を想像してみると解りやすいかと思います。

人間関係の逃げ場が無いのが工場です。
まぁどの会社も似たようなものかと思いますが、工場も例外ではないよ。という事です。

ただ、工場によってはおしゃべり禁止だったり、大規模の工場なら人数も多いので回避できる場合もあるかと思われます。

人見知りの人は向いている(かも)

工場では人間関係は深い。ですが毎日同じメンバーとの仕事になる為、人見知りの人にとっては楽でしょう。

接客業や営業など「初めてな人と会う」という機会が滅多にありません。初めての人と会う機会としたら、新しく入社してくる人などが主になります。この他で新しい人と会う機会はほぼ無いと言っていいでしょう。

初めて会う人との接触が無い分、人見知りの人は楽ですが、デメリットもあります。

それは、職場の人と仲が悪くなった時や合わない人がいる時です。

どうしても同じ場所、同じメンバーとの仕事になるので仲が悪くなっても一緒に居なければいけません。また、新しいメンバーも滅多に入ってこないので人との出会いの機会もありません。

刺激を求めている人・人との交流が好きな人は覚悟が必要です。

 

工場にもお局様はいる

工場というと、人と関わる事が少ない。と思われがちですが、意外と深いです。そしてお局様のような人もいます。工場が古ければ古いほど、昔からのやり方に執着している人や長年勤めてだからなのか、工場の皆に偉そうな人もいます。

女性の方で工場に勤めたい方・努めようとしている方は特に気を付けた方がよろしいかと。密が濃いほど女性の工場職場は大変です。

 

人間関係が良ければ工場勤務は快適

人間関係について注意する所を上記でのべましたが、人間関係が良いなら工場勤務は快適な職場です。

学校生活の部活やサークルを思い浮かべればわかりやすいかと。楽しいメンバーと同じ目標に向かって仕事をするのは、普通に楽しいです。芸能人のモノマネをして笑いあったり、こんな楽しく仕事をして良いの?ってぐらいです。遊んでいるのか仕事しているのか、分からなくなったりする時もありました。在庫ノルマで残業の時でさえ笑いあって過ごすことが出来きました。(残業のし過ぎでおかしくなったのかも)さすがに数日続いた時は辛かったですが(笑)

 

工場は意外とライフワークが良かった

工場勤務で一番の魅力は、勤務時間が安定している点です。

3交代がある工場などは夜勤もあるので大変ですが、常勤ならサラリーマンと同じく8時~17時など決まった時間なので家庭を大切にしたい方、自分の時間が大切な方にとっては嬉しい点です。

 

休日は、工場によって違うところもありますが、土日休みだったり、または火曜定休のシフト制など休みがあるのも魅力の点です。

納期期日などあると残業はある

ライフワークのバランスが良かった。といいましたが、納期期日が迫るなどがあると残業はありました。

工場の残業で良い所は、ノルマが見える事。

納期個数を完了すれば残業は終わるので、今自分たちがどれぐらい作ったのか、あと、どれぐらい作れば良いのか。が見えるので終わりが近づいてくるとカウントダウンをしたりして乗り越えていました。

 

 

 

一般的なビジネスマナーは基本使わない(ない?)

社会人の一般的マナーとして、敬語の使い分け(社内・社外用)電話応対・名刺交換などありますよね?

工場に勤めると名刺交換ない・電話応対も、もちろんありません。電話応対は事務員さんがしてくれます。

敬語はたまに使う事もありますが社内のみが多いのでそれほど気を使わなくて良いです。(工場によっては厳しい所や規定で決まっている所もあります)

髪の毛セットも化粧なども(さほど)気を使わなくても良い

接客業となると、それなりの身だしなみに気を使いますが、工場勤務の場合、それほど気にしなくても良いです。営業マンのように耳を出した清潔感あふれる髪型にしなくてもいいのです。女性も自分が問題ないならすっぴんでも大丈夫です。

ただし、ネイル・ひげ・長髪などは食品工場では注意される対象です。特に爪は切る事が基本なので女性は注意が必要です。

 

工場勤務で覚悟してほしい事

人間関係や工場勤務の大事な事を話しましたが、覚悟してほしい事があります。
それがトイレ休憩

トイレ休憩は決まった時間が基本

工場に勤めて嫌だったことは、トイレが決められた時間にしか行けなかった事です。

どうしても流れ作業が多いので勝手に持ち場を離れる事ができません。なので決まった時間にしかトイレにいけません。

緊急な時やどうしてもな時は見回り係など流れ作業に関係のない担当の方と交換してもらいトイレに行く事になります。

自由にトイレに行けない事は覚悟しておいた方が良いでしょう。

まとめ

ここまで、読んでいただきありがとうございます。

工場といっても、地域や工場規模、大手企業の工場なのか、などにより残業が多かったりと、ブラック工場・ホワイト工場あるので目安になるかはわかりませんが、おおまかな工場のイメージを持ってくれたかな。と思います。

最後にざっくりまとめると

どの仕事も人間関係が一番大事。これ本当。

工場だろうが公務員だろうと職場の人間関係が一番です。人間関係で変わります。

「仲良しこよし」じゃないですよ?一般的な常識をもった寛容ある、職場が一番ってことです。

▼記事で気になった方は▼

高収入や寮完備のシゴトが満載!
工場系シゴト情報求人サイト「工場求人ナビ」



 

タイトルとURLをコピーしました