結婚願望無い人=「結婚したくてもできない人ではない」と叫びたい

スポンサーリンク

初めに、私は【結婚願望】無い人間です。周りが「結婚したい」意見が多すぎて、そんなに結婚したいものか?とずっと思っています。

また、田舎に住んでいることもあり 結婚=一人前、幸せ。の構図が出来上がっているのでますます【結婚願望】が無い私は生きにくさを感じています。

 

また、今の日本は少子高齢化。高齢化に関しては【超】が付く時代がそこまできています。

メディアが何回も何回も【少子高齢化】なんて言うものだから田舎のおじいちゃんおばあちゃん、などは「結婚して子供を産めよ増やせよ」雰囲気になっています。(個人の見解です)

憎きテレビっこ田舎。ますます【結婚願望】無い私が生きにくくなっていく。

 

結婚願望がない人の大きな被害「結婚したいけどできない」レッテル

結婚願望の無い私が思う被害は【結婚したいけどできない】と思われている事。

たしかに一部の人には結婚したいけど、できずに「結婚願望無い」という人もいますが、私は純粋に結婚願望がない。だが、この感情は結婚願望がある人にとっては、なかなか理解されにくいようだ。

人類皆、結婚願望があると思い込んでいる人が多すぎる。(田舎だから余計なのか?)

 

芸能界の「結婚はいずれ」の回答がモヤモヤ

テレビに出ている芸能人・俳優・女優さんの方にトーク番組の司会者が「いずれは結婚したいよね」的にニュアンスを踏まえてくるのがモヤモヤです。

別に結婚するな。とは1ミリも思っていないです。結婚してもしなくても全然どうでもいいんです。

モヤモヤしている要因は、結婚はいつかはしたいんでしょ?みたいに結婚願望ありの前提なのがモヤモヤなのです。

これも世の中「いつかは結婚はするもの」派が多いということなのでしょう。

 

 

 

昔はお見合い結婚が普通。皆。結婚するのが当たりまえ時代

1940年代は、お見合い結婚が普通。むしろ恋愛結婚は貴重?そんな時代もあり結婚することは普通なのだと、当たり前。の考え方が出来たのが今のおじいちゃんおばあちゃん世代。

お見合い結婚が普通な時代という事は、結婚への周りからのプレッシャーが今よりさらに強かったはず。親も必死に子供に結婚させたのでしょう。結婚しないなんてありえない。皆結婚して幸せになる。お見合いさせて、またお見合いさせて。

 

今のおじいちゃんおばあちゃんが【結婚】にうるさいのは時代風景も関係しているのだろう。

こうしてみると、おじいちゃんおばあちゃんが【結婚】にうるさいのは仕方ないのかもしれない。

 

今の時代は【結婚願望ない】人は生きにくい時代なのかも

勝手に解釈すると、昔は皆が結婚していた時代を憶えている人間しかいなく、結婚願望がない人なんているのか?時代になっているが、私を含めて今の時代に【結婚願望がない人】人間が一定数しることを理解している今時代の子供世代にとっては、結婚しない人生もありなのだと理解してくれていると思う。

つまり、私のように結婚しなくても良い人生もあると示せている。

今の子供が成人した時、初めて【結婚願望がない人】の理解ある時代になっているかも。(しれない)

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました